エアコンのカビは喘息や肺炎の原因になる

更新日:5月12日

 エアコンのカビは、喘息や肺炎、アレルギーの原因になると言われています。。特に免疫の弱い小さなお子様やお年寄りの方が、エアコンのカビからでてくるカビ胞子を浴び続けることにより、症状を発症すると言われています。


 主な症状としては、エアコンを付けた時に咳がとまらなくなることがある様です。


 また、大阪市立環境科学研究所からこんな論文も出ています。


https://www.jstage.jst.go.jp/article/seikatsueisei1957/45/2/45_2_51/_pdf/-char/ja


ここではエアコンのカビがどれほど身近なものか、以下のようにかかれています。


「夏 の冷 房 使 用 後 の 家庭 用 エ ア コ ン一 台(フ イル タ ー2枚)当 た りの カ ビの 総 数 平均 は約13万、最 高 は1.8億 で あ っ た。 汚 染 カ ビ数 が100万 以 上 の 世 帯 は全 体 の32%、 うち1,000万 以 上 の 世 帯 は14%で あ った[18]。」 (濱 田 信 夫,藤 田 忠 雄 2001 p5)


 難しく書かれていますが、つまりはエアコン1台あたりに13万程度のカビがいると書かれています。

少し桁が多すぎてしっくりこないですね。

また、以下のようにも書かれています。



「夏 に エ ア コ ン を つ け た 時 の 浮 遊 カ ビ は 平均 で、屋 外 の約2倍 汚 染 され て い る[22]。 と りわ け野 外 の5倍 以 上 (1000/m3)汚 染 され て い る場 合 が、全 体 の約24%を 占 め、」 (濱 田 信 夫,藤 田 忠 雄 2001 p5)


 つまりは、室内にいる時の方が、外にいる時の2倍~3倍汚染されていると。驚きです。カビだけの観点からみると、外のほうが衛生的と言えますね。



 続いてエアコンの年数とカビの関係について、以下のように書かれています。


 1年 目で は257/m3で あ る の に対 して、以 降徐 々 に増 加 し -(7)- 56 生 活 衛 生Vol.45 No.2(2001) て、6年 目以降は平均692/m3で 約2.7倍 にな った。(濱 田 信 夫,藤 田 忠 雄 2001 p7)



 これは6年目のエアコンは1年目に比べて2.7倍汚染されていると書かれています。これは私たちが現場で作業をしていても強く感じることです。





この2枚の写真は、新品で設置してからたった5年しか経過していないエアコン内部の写真です。新品からたったの5年でこんなにカビが生えるのです。恐ろしいものです。




このエアコンは洗浄してこんなに綺麗になりました。






お客様にはものすごく喜んでいただきました。



 

しかし、エアコンのカビが健康に悪影響があるのは考えてみれば当たり前ですよね。






 


 こんな汚れをわざわざ通過した風を浴び続けているのですから。


 

最後に


 宣伝にはなってしまいますが、エアコン洗浄されるお客様のほとんどが、お子様のいらっしゃるご家庭です。

 そんなお子様のいらっしゃるご家庭を前提に、弊社は滞在時間を短くしたり室内で洗剤を使わないなどの工夫をしています。

 弊社は「クリーニング屋」ではなく「機械屋」です。だからこそ、完全分解ができます。もし、エアコンのことで不安があれば是非ご相談いただければ、少なからずお力になれると思います。

 

 

通常のエアコンクリーニングでは、必ず残ってしまう汚れも

エアコン完全分解洗浄なら絶対に残ることはありません。

エアコン完全分解洗浄専門店 岩崎電機株式会社

https://www.iwasakidenki-gifu.com/



 

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示