エアコン電圧の選び方

更新日:10月6日

 

 家庭用エアコンの電源は100Vと200Vの二種類あります。200Vの機種の方が、能力も出ますし、電気代も多少安くなります。しかし、現在100Vのコンセントを200Vに切り替えると5000円前後の費用がかかります。そこで、電圧を切り替えてまで200Vに上げたほうがいい!というお話です。

100Vと200Vのコンセントの形状としてはこんな感じです。


 左が200V。右が100Vです。量販店に行くと「今どんな形状がついていますか?」と聞かれると思います。量販店では止む得ない場合を除き、電圧を切替えた機種の提案はないと思います。

 最近の機種ですと、だいたい14帖用から200Vの機種が出てきますが、選択肢がある場合は、弊社ではできるだけ200Vでご案内させて頂きます。室外機の場所が南や西などの日が当たりやすい場所では、100V機種はオーバーヒートして夕方頃から冷えなくなることが良くあります。オーバーヒートしてしまうと、機械の寿命も短くなりますし真夏に冷えない時間帯があるのも苦痛です。それらのことを考慮すると、5000円かけてでも200Vに切り替えて使っていただくのが良いと思います。


 もし、機械選びでお悩みの方はぜひ弊社にご相談ください。弊社にご相談の上で量販店やネットで買うのも結構です。ぜひ一度、ご相談ください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示